AMラジオの番組録音とデジタル化

AMラジオの番組録音とデジタル化

ここでは、「AMラジオの番組録音とデジタル化」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここしばらく、AMラジオの番組を録音してデジタル化し、外に持ち出す方法を探してネット放浪していました。 これを実現するには、いくつか方法があって、必要なものなどの情報も少しわかりましたので、整理方々、参考にしていただけることも少しはあるか、と記事にすることにしました。

 最終的には、<AMラジオの番組を録音して、録音データをデジタル化(1)>し、SDカードやUSBメモリ対応のMP3プレーヤーなどにコピーして、<MP3プレーヤーなどでモバイル試聴できる(2)>ようにするのが目的です。 以下、それぞれの方法と必要機材?をあげていきます。

 (1)AMラジオ番組の録音

  • 手持ちのラジカセで録音  お手持ちでAMラジオが録音できるラジカセがあれば、デジタル化は必要ですが活用はできます。 録音する手順に慣れていたり、予約機能が使いやすければ、引退させずに使用できます。(ただし二次加工が必要です)

  • オリンパス ラジオサーバー VJ-10  これは、FM/AMラジオチューナーに37GのHDDを搭載して、合計最大約2500時間分の番組録音が可能になっています。録音したデータは、USB接続によりパソコンに転送できます。また、USB ホスト対応しているICレコーダー、MP3プレーヤーにパソコンなしで直接転送できるそうなので、デジタル化の手間をはぶけます。ただし、値段がちょっと高い(本体のみで \39800 オリンパスショッピングサイトではオリンパスのICレコーダーとのセット販売もあり)のと、販売しているのがオリンパスのショッピングサイトと三省堂書店の店舗のみの限定販売なので、あまり値引きは期待できそうにありませんね。

  • SANYO(サンヨー)ICR-RB76M これはボイスレコーダーにAM/FMラジオチューナーを内蔵し、AM/FMラジオの番組録音ができます。また、最高5通りの録音予約ができます。そのままでモバイル化達成です。USBでパソコンに直接転送できますので、データの管理はパソコンでできます。ただし、256Mのフラッシュメモリというところが弱いかな。お値段は今のところ\15000前後でしょうか。Yahoo!、楽天、アマゾンそれぞれ置いているようです。

  • サン電子 トークマスター2 ラジオMP3レコーダーとして位置づけているようです。語学学習のための5段階スピードも可能です。SDメモリカード対応なので、入れ替えにも便利そうです。内蔵メモリは128Mと1Gが選べます(512Mは終了らしい・・・)予約録音は最高20とダントツで多いので、いろいろな講座を聴きたいときには強力です。お値段は128Mで\27800です。

  • フォーカルポイントコンピュータ RadioShark 2 GRI-US-000003 商品的には、MacにUSB接続するFM/AMラジオチューナーです。受信したラジオ番組はAAC、またはAIFF形式でハードディスクに録音保存できます。ラジオ番組の予約録音できる機能も付いています。値段はだいたい7000円前後。 ユーザー情報で探してみると、Windowsでラジオシャークの予約録音ができるフリーソフトがありました。Radioサーバー(ベクター シェアウェア\630)で、Windowsパソコンから予約などの操作ができます。このセットでパソコンから音声ファイル変換してMP3プレーヤーで利用する方法があります。上記リンクはアマゾン。オークションにも出ているようです。

     パソコンにUSB接続できる、AM/FMチューナー、もう一つありました。こちらはWindows対応で、予約したり選局したりするソフトは同メーカーサイトからダウンロードできます。現在は品切れ中らしいですが、8月下旬にはまた買えそうです。USB AM/FM RADIO <8月下旬入荷予定分-予約> 、お値段は6980円です。これは魅力的です。アンテナもついているので、ひとつあると便利だと思います。

  • SANYO デジタルオーディオシステム (シルバー) MAJ-U4CT1(S) 小型のデジタルオーディオです。CD、CD-R/RW、カセット、AM/FMラジオが再生可能。 USB接続、SDカードスロット、MP3録音、MP3/WMA再生ができます。留守録は可能ですが一回です。ライン入力も可能です。
    これならCDやカセットからでもSDカードにデジタルで録音できるので、ラジオだけでなくパソコン抜きでデジタル化が可能です。あとは、SDカードスロットのあるパソコンならダイレクトで、またはチェンジャーを使ってパソコンへ取り込んでMP3プレーヤーなどで利用できます。SDカードが使えるMP3プレーヤーでしたら、そのままでも大丈夫。管理するならパソコンを利用するだけです。 お値段は18000円~20000円前後といったところです。今ならセールで17000円台の楽天市場 のお店もあるようです。

 (2)MP3プレーヤーなどでモバイル試聴できるようにする

 (1)の方法の中には、録音すると同時にモバイル試聴できるようになる方法もありました。二次加工が必要なのは、

ラジカセのカセット録音したもの(SANYO デジタルオーディオシステム (シルバー) MAJ-U4CT1(S)でカセットからSDカードに移す)

オリンパスのラジオサーバー VJ-10、フォーカルポイントコンピュータ RadioShark 2 GRI-US-000003とRadioサーバーのセットでパソコン内に録りだめたものを持ち出す場合でしょう。

 (3)私的結論としては・・・

 汎用性が高く、お値段もリーズナブルなのは、フォーカルポイントコンピュータ RadioShark 2 GRI-US-000003とRadioサーバーのセットであろうと思われます。(セットで一万円以下) けれども、MAC対応であることやソフトの設定などはネット情報を参考にしたほうがよいこともあり、最初から簡単とは言えないような気もします。また、パソコンは必ず必要となります。

 あとから見つかったUSB AM/FM RADIO <8月下旬入荷予定分-予約> だと、Windows対応的にも安心できそうですし、導入も簡単なのではないかと思えます。WindowSで使うなら、上記セットよりこちらのほうが値段も6980円ですみますのでお得かと。。。

 録る手順が単純で、通常利用ならパソコンがいらない簡単な方法でありながら汎用性も高く、すでにMP3プレーヤーがあれば、導入の簡単なSANYO デジタルオーディオシステム (シルバー) MAJ-U4CT1(S)は、なかなかよい選択肢ではないかと思います。 わたし自身、これとSDカードスロットのあるMPIO MP3メモリープレーヤー FY800-1GB スリムボディーでSD対応モデル \6980を注文しました。 その事情としては、過去からの遺産でカセットテープに入っている落語を、劣化しないうちにSDカードにデジタル化しておきたいという目論見もあったからです。

 いろいろな見解で選ぶ選択は変わってくると思います。が、それにしても、ネット上には本当にいろいろな情報がありますね。 あちらこちらと参考にさせていただいたブログやホームページの執筆者のみなさんには本当に感謝しております。 ただまとめただけの文章ですが、これもどなたかのお役に立てば幸いです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lifebooking.blog53.fc2.com/tb.php/60-66a4642b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
使いやすいです。取説読まなくてもor使い方を忘れても使えてしまいます。感度もよく電話の向こうも声もなんとか拾えました。長時間の録音ができ、パソコンへの接続もドライバのインストール不要なので楽です。Windows仕様みたいですが、Macでも取り込めて再生できました。思
2007/08/15(水) | オーディオのレス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。